エントリーシートでは”責任感”という言葉を深掘りしよう

責任感は要注意

長所や自己PRをする際に「責任感が強い」という言葉を使う方がとても多い印象にあります。

もちろん大切なことですし、自分自身で「この言葉がぴったりだ」と感じるのであれば、そのまま使うといいでしょう。

しかし、安易にこの言葉を使うことはあまりおすすめしません。

最初に述べたように、同じようなことを書く人は多いので印象に残りづらいですし、面接官からすると「責任感はあって当たり前」との認識があるからです。

さらにいうと、強い責任感はストレスの元にもなり、リスクと捉えられることすらあります。

(強い責任感をアピールした際は、ストレス耐性、ストレス解消法についての質問へきっちりこたえられるよう準備しておくことがより重要になります。)

責任感をもっと具体的にいうとどうなる?

責任感という言葉はややアバウトなので、自分で自分に質問を投げかけて、深掘りしていくことが大切です。

  • その責任感を具体的にいうと?
  • 責任感の強さが発揮された経験は?
  • そのときまわりはどういう反応だった?
  • 責任感の強さが、今の自分にどうつながっている?
  • なぜ自分は責任感が強いのだろう?
  • そもそも自分にとって責任感とはなんだろう?

などなど、責任感という言葉をスタートに幅広く、自分を理解しようとする姿勢が大切だと思います。

それを続けていくうちにきっと、自分らしい自己PRにつながっていくはずです。