コツと共有の方法は?一眼レフで友だちの結婚式を撮影してきた

ペコちゃん人形

写真って喜んでもらえる

今日は大学時代の友人の結婚式と披露宴でした。

女子ばかりのゼミに自分だけ一人男、という環境だったんですが、今でもこうやって呼んでくれることがありがたいですね。

そして、ここぞとばかりに一眼レフを持っていきました。

自分が思っていた以上にみんなに喜んでもらえて、本当によかったです。

30分でも検索した方がいい

そして今回、自分が1つ学んだのは、

「30分でもいいから検索する」と「まったく検索しない」は大きな違いがあるということ。

今回、前の日に結婚式の撮影の仕方を検索してから行ったんです。

そうすることで、自分のなかで思わぬ発見もあって、撮影もより楽しくなりましたし、写真も少し良くなったと思います。

具体的にいうと

  • 小物、料理などは新郎新婦側で写真が残っていないこともあるので、なるべく撮影するといいということ
  • 被写体が歩いているときは、シャッタースピードが大事で、ぶれないように一定のスピードを保つこと

これらのことを意識して、たくさん写真を撮りました。

特に大事なのはシャッタースピード

特に大事なのはシャッタースピードですね。

お色直しだとか、余興だとか動いている人を撮影することって披露宴だと多いです。

普段ぼくは静止しているものを撮影することが多いので、「絞り優先モード」で撮影しているんですが、披露宴の場合は「シャッタースピード優先」がおすすめです。

シャッタースピードを一定にして、露出を調整して、ピントを合わせて撮影できればOKです。

少し勇気いるけど連写がオススメ

シャッター音が気になりますが、やはり連写がオススメです。

音を小さい連写設定で、たくさん撮影しました。

連写することで、思わぬいい写真が撮れますし、あとになって情景を思い起こしやすくなりますよ。

LINEのアルバムへの共有はパソコンでするとかなり楽

友だちの披露宴が終わると、LINEのグループでアルバムをつくって、共有すると便利です。

その際、スマホから写真をアップしようとすると時間がかかるので、パソコンにLINEをダウンロードしてパソコンからアップするとかなり楽ですよ!

「パソコンでダウンロードするとトーク履歴が消えるのでは?」

と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

トーク履歴が消えてしまうのは、うっかり2台目のスマホにもLINEをダウンロードしてログインしてしまったときだけ。

(参考:知らないと危険!LINEのデータが消えたときの原因4つと対策まとめ

スマホのLINEアプリとパソコンの同期は問題なく行えます。

パソコン画面でスマホと変わらないように操作できるので、グループのアルバムに写真を入れるのもあっという間。

画像加工して、一括選択してフォルダに入れれば完了です!

プロのカメラマンもいるけど、構わず撮る

披露宴で撮影するとなると「プロのカメラマンもいるしな……」と遠慮してしまいがちです。

けど、そのプロのカメラマンが撮った写真を新郎新婦以外が目にすることってあまりないですよね?

自分が撮影した写真をLINEのグループとかで共有すれば、皆で改めて祝うこともできますし、楽しめます!

プロがいるしやめておこうなど思わずに、マナーには気をつけつつも、どんどん撮影していきましょう。