明日もあさっても読んでもらえる地域ブログとは?「阪神ナウ!ブログセミナー」に参加してきました!

地域ブログセミナー

いくつかブログをやっているなかで今一番楽しく、力を入れていきたいと思っているのが地域ブログ。

阪急西宮北口駅まわりの情報を伝える『にしきた通信』を運営しているんですが、街歩きやお店の方とのお話、写真撮影などが楽しいなと感じています。

せっかくなら地域ブログをされている方とも交流したいし、勉強もしたいなと思い、昨日はこのセミナーに参加してきました。

阪神ナウ!ブログセミナー 『月間300万ページビューの極意を学ぶ!』」

300万PVを超える地域ブログ「枚方つーしん」を運営されている原田さんのお話だったんですが、特に印象に残ったことをここでは紹介したいと思います。

入りづらいお店は、情報として価値がある

一部の記事では、写真をたくさん使って、お店のなかを細かく客観的に伝えているというお話をされていました。

「入りづらいお店ほど中の様子が気になる」という点、言われてみたらたしかにそうですよね…!

「入りづらいな」と思うお店も正直たまにあるんですが、「入りづらいからこそ貴重な情報」と考えていきたいです。

明日もあさっても見ていただけるように。更新頻度が大事。

地域ブログセミナースライド

「明日もあさっても見ていただけるように」という言葉がとても心に残りました。

内容が一番大事だとは思いますが、どうやったらブックマークしてもらえるか、という点は大事にしたいです。

更新頻度も大事ですよね。

読まれている時間は「隙間時間、だらっとしたい時間」というお話も印象的で、だからこそゆるさもポイントだそう。

読みやすさも大事にしていきたいです。

写真の大切さが改めてわかった

Instagramと食べログの両方を使ってお店を検索する人が多いとのこと。

「写真の大切さは増していく」という言葉がとても印象に残りました。

子どもができると地元の情報が必要になっていく

これも「なるほど…!」と思ったポイントでした。

学生が多い地域でもたしかに読まれているのは30代以上です。

「知ってたら行ってたのに!」という思いがある

これも「にしきた通信」で参考になると思ったお話でした。

有名人が来る情報など、意外と自分も含めてみんな知らないと思います。

記事広告はまず無料で作ってみる

サンプルとなるような記事があったほうが広告主の方にも説明しやすいとのことで、早速作ってみようと思いました。

「あれと同じ感じの記事広告お願い」と言われることも多いそう。すごい!

楽しいという思いを大事にしたい

一番やっていて楽しいのは地域ブログ。

その思いはやっぱり大切にしたいなと思います。

交流も楽しく、前に進むための力がもっと湧いてくるような、素敵なセミナーでした。

本当にありがとうございました。