おすすめのキャリアコンサルタント試験対策本はこの2冊 いまどきのキャリアを知れる本も紹介します

eya-catch (1)

キャリアコンサルタント試験の対策では、過去問やテキストを使うことが多いと思います。

ただ、試験に合格してから、キャリアコンサルティングに関する本を読むと、試験勉強中に読んでおけばよかったなと思う本が結構あることに気付いて、、

この記事ではキャリアコンサルティングの全体像を理解するのに役立つ本を2冊紹介したいと思います。

おすすめ本(1)『キャリアコンサルタントのためのカウンセリング入門』

学生相談の経験豊富なカウンセラーさん(臨床心理士)が、キャリアカウンセラー向けに書いた本です。

筆記試験対策というよりかは実技試験で参考になる本だと思います。

読んでみて参考になった部分を紹介していきますね。

クライエントを信頼することから始めよう

実技試験でも参考になるようなことがたくさん書かれていましたが、特に心に残ったのがクライエントを信頼することの大切さです。

カウンセリングでは「ラポール(信頼関係)の形成」という言葉がよく使われますが、信頼関係を築くにあたっては、まずはキャリアコンサルタントがクライエントを信じることが大前提。

知識としては当たり前のことですが、いざ相談場面となると忘れがちだなと感じました。

「クライエントには成長力がある」という前提でクライエントに接し、そこからクライエントを観察するなら、確かにクライエントには成長力があるという観察が得られることが増えます。

カウンセラーが持つ最も素朴で強力な影響力は相手を信じることから生まれます。

何を思っているか、何を悩んでいるか、何をもって解決といえるのか。

このようなことはきっとクライエント自身にしかわからないはずです。

クライエントを信頼することからしかカウンセリング、コンサルティングは始まらないということを忘れないでいたいと思います。

過剰な行動の裏には過小な行動がある

「なるほど・・・」と思いました。

たとえばゲームを四六時中する、家庭内暴力をするなどの過剰な行動。

どうしてもそういった問題行動をなくそうとしがちですが、一方で過小な行動はないかということにも焦点をあてることが大切なんですね。

職場で高圧的な態度をとってしまう人も、もしかしたら過小な行動がどこかに潜んでいるのかもしれません。

試験のロールプレイのときにこのようなことを意識するのは難しいかもしれませんが、悩んでいることについて「どうしてだろう」といっしょに考える姿勢は大切だと感じました。

「当然あってよさそうなのに語られないもの」は何か

私自身、心理カウンセリングを受けたことがあったので、よけいにしっくりきた言葉です。

自分の大事な本音や見たくない問題点はさらっと話してしまうことがあったと思います。

たとえば、家族との間に問題があれば、家族のことをほとんどしゃべらないなど。。

キャリアコンサルタント試験でも「大事な情報があまり語られていないな」と感じたら、開かれた質問(YES-NOで答えられない質問)をして、話をしっかりときいてあげるといいのではないでしょうか。

おすすめ本(2)『キャリアカウンセリング』

法政大学キャリアデザイン学部の宮城まり子教授が書かれた本です。

どちらかというと理論に関する話が多く、筆記試験対策に役立ちます。

キャリアカウンセリングの本は難解なものが多いなか、この本はわかりやすく書かれていますよ。

▼目次はこちら。筆記試験で頻出のスーパー、ホランドなども丁寧に解説されています。

キャリアカウンセリング2キャリアカウンセリング

実技試験で役立ちそうな内容も書かれていました。

「カウンセリングマインド」を表すキーワードに「なおそうとするな、わかろうとせよ」という言葉がある

この言葉忘れずにいたいですね。

合格を目指すなら何冊も買う必要はない

キャリアコンサルタント試験を突破するためには何冊も本を買う必要はありません。

過去問と養成講座のテキストをきっちりとやっておけば基本的には大丈夫で、他の本を読むのであれば補助的に使うといいと思います。

この2冊に関しては読んでいて本当におもしろかったので、勉強をスムーズに進めるためにも手元にあるといいと思いますよ。

試験対策とは関係ないおすすめの本

ここからは少し長くなりますが、試験対策とは関係ない本でいまどきのキャリアを考えるうえで参考になるものを紹介します。

雇用問題の専門家 海老原 嗣生さんの本

海老原さんの本は内容としては少しかためですが、読みやすいですし勉強になることばかりです。

特にオススメなのが『日本で働くのは本当に損なのか』。

日本型キャリアと欧米型キャリアの比較がとても興味深かったです。

まとめるとこのようになります。

日本型キャリア 欧米型キャリア
能力にしたがって基本給が決まる 「営業職の給料」など職務によって給料が決まる
社内での異動がしやすい 社内での異動がしづらい
転職しづらい(新卒一括採用の文化) 同じ職務なら転職しやすい
成果給で差がつきづらいが、後輩指導の風土がある 成果給で差がつきやすいが、後輩指導の風土はない

日本では「転職しづらい」というのは理解していても、かわりに「異動しやすい」という面があることはあまり理解されていませんよね。

転職ではなく異動という形で再チャレンジしやすい仕組みが日本にはあるということです。

クライアントの話をきいているときに、職をかえることや今の業務を続けることだけが選択肢なのではなく、異動についても触れていいわけですよね。

「異動というと大企業だけでは?」と思うかもしれませんが、中小企業に関してはこのような提言をされています。

全中や商工会に、地域の企業が集まって、自社で適正な職場がないけれど他社ではぴったりなポジションがある人材を、交換し合うような場を設けてはどうか。

人材の確保が難しい中小企業でこのような仕組みができれば、若い人も入社しやすいかもしれませんよね。

このような仕組みを視野に入れておくと、中小企業への理解も深まるはずです。

海老原さんはエントリーシートの本も書いている

エントリーシートなどのより実践的なことを知りたいのであれば、『なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?』もおすすめ。

実は志望動機を企業の人はあまり重視していないという、ちょっと驚く内容も書かれています。

▼エントリーシートの添削やアドバイスの仕事でかなり役立つので、こちらで紹介しています。

志望動機は大事じゃない?『なぜ7割のエントリーシートは、読まずに捨てられるのか?』を読んでみた

2017.12.11

ほりえもんこと堀江貴文さんの本

これからいろいろな人の相談に乗っていきたいなら堀江さんの本は外せないと思います。

10代〜30代の人を相手にするのであればなおさら。

「好きなことを仕事にしよう!」ということはいろいろなところで言われていますが、その発端は堀江さんではないでしょうか。

異端児という印象もあるかもしれませんが、『ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく』を読むとガラッと印象が変わるはずです。

ゼロの状態から1つ1つ積み重ねてきたこと、「時間とは命そのもの」など、刺激的なエピソードや大事にしたい言葉がたくさん詰まっていました。

本音で生きる』という本も良かったですね。

何をやっても長続きしない飽きっぽさは、逆にいえば、一つのことに縛られずいろんなことにチャレンジできるという長所にもなる

このようなフレーズは転職経験が多いクライアントと話をする際にも役立つ考え方ではないでしょうか。

 

海外の情報を知りたいのであれば『君はどこにでも行ける』も読んでおきたい本ですね。

今の日本の現状を海外との対比で知ることができます。

君がオヤジになる前に』ではここが印象に残りました。

働き盛りが40代からなんて、誰が決めた?
…刻一刻と、人生の最盛期は過ぎている

今までの常識は常識でない、ということを念頭にクライアントの気持ちを大事にしていきたいですね。

堀江さんの本は、全くといっていいほど本音を大切にできていなかった自分に、本音で生きることの素晴らしさを教えてくれました。

依頼者の方にはそういうことも伝えていければなと思っています。

私としては『ゼロ』と『本音で生きる』が特におすすめです。

追記

最近では人口知能などを専門にしている若手の研究者、落合陽一さんと共著で『10年後の仕事図鑑』という書籍も出ていますね。

未来予測は難しいですし、今好きなことをめいいっぱいやろうという堀江さんの思いからは少しずれた内容になっていますが、「こういう未来もあり得るのか…」という新たな視点は得られると思います。

受験や就活専門のライター 石渡 嶺司さんの本

ここで紹介している著者の中で私が一番古くから読んでいるのがこの石渡さん。

予備校で働いているとき、保護者講演会で話すネタを石渡さんの本からよく拝借していました。

近畿大学のキャンパスは近畿にあんまりないなど。

その石渡さんの最新の本が『大学の学科図鑑』。

大学の学科は増えすぎていてよくわからないと思うんですが、丁寧かつおもしろく書かれています。

高校や大学での進路相談に携わりたい人は一度目を通すときっと世界が広がるのではないでしょうか。

学科に関連する仕事がどのぐらい必要とされているのかにも触れられているので、最近の仕事の需要についてもよくわかります。

出版してから年数が経つと少し内容が古くなる気がするので、ぜひともシリーズ化してほしいですね。

人気ブロガー ちきりんさんの本

「社会派ブロガー」のちきりんさん。

証券会社や外資系の企業で勤められていた経験があり、今はブログ運営や執筆活動をされています。

ブログのChikirinの日記はかなり有名で、ブログをしている人のなかで知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

ちきりんさんの本やブログは基本的にどれもおもしろいんですが、特におもしろかったのが『未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる』。

一生の間にふたつの異なる働き方を選べるものだと考えようよ!

ということを勧めているんですが、すぐにフリーランスになることや起業することを勧めているわけではない点がおもしろいですよね。

そして、人生の中盤で働き方をリセットして、「元気な限りそこそこ稼げる態勢を、一定年齢(40代)をめどに整えよう」と伝えています。

100年生きるリスクもあれば、10年後に死ぬリスクもあるなど、はっとさせられる内容も多いです。

かなり長くなるので掲載できないですが、「キャリア形成における5つのシナリオメソッド」というお話は本当にためになりますよ。

幅広い視点からクライアントの本音をききたいのであれば、その部分だけでも読むといいかもしれません。

メンタリスト DaiGoさんの本

採用面接で悩むクライアントと話をするときに役立つのが『面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略』。

企業の採用活動にもコンサルタントとして携わっているDaiGoさんが書かれている本。

DaiGoさんは基本的に科学的な根拠を重視しているので、どの本もすごい信頼できるという印象です。

この本では、面接官でもウソを見抜くのは難しいなど、元人事担当者などであれば書きづらい内容もしっかり含まれているので、好感が持てますよ。

面接をする企業の側に立ってみてつくづく思ったこと。それは、面接官の能力は極めて限定されている、ということでした。

基本的に、ちまたの就職本では「面接官にウソは通用しない」と書かれていますが、それを真っ向から否定する形になっていますよね。

私も企業で働いているとき、上司が採用で選考を通すか通さないかで悩んでいる姿をたくさん見てきました。

面接官も悩みながら選考しているということは、キャリアコンサルタントやクライアントも知っておいていいのではないでしょうか。

面接官も同じ人間だということに納得できれば、面接でも会話のキャッチボールをしやすくなるかもしれませんよね。

他にも「面接する人は、単に好感度だけで合否を決めています。」という内容など、かなりリアリティのある内容になっています。

嫌われる勇気、幸せになる勇気

大ベストセラーになっているので、もうすでに読んでいるかもしれませんが、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』もぜひ読んでおきたいですね。

アドラー心理学を青年と哲人の会話形式でわかりやすく示した本です。

特に承認欲求の話はぜひチェックしてみてください。

アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定します。

承認欲求を通じて得られた貢献感には、自由がない。

↑『嫌われる勇気』より

ほめられることでしか幸せを実感できない人は、人生の最後の瞬間まで「もっとほめられること」を求めます。

あなたの価値を決めるのは、ほかの誰かではないのです。

↑『幸せになる勇気』より

認められたいという欲求が強い人は、自分で自分を認められていない傾向が強いです。

承認欲求は根源的な欲求であると考えることもできますが、承認欲求が強すぎて自分の本音を意識できていないのであれば、それは大きな問題につながりやすいので、要注意ですね。

自信がないゆえに承認欲求が強いと感じるクライアントと接する際、参考になると思います。

そして、今を大切にするという点もしっかりおさえておきたいですね。

われわれはもっと「いま、ここ」だけを真剣に生きるべきなのです。

エネルゲイア的な視点に立ったとき、人生はつねに完結しているのです。

↑『嫌われる勇気』より

ただ、私は長期的な視点を持つことと、今を大切にすることの両方が大事だと思っています。

悩んでいる人のほとんどが、目の前のことに意識が行っていて、長い目でものごとを捉えられていないと感じるからです。

あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析

自己分析に関する本はたくさんありますよね。『絶対◯定』など。

そのなかで一番おすすめなのがこの『あなたが「一番輝く」仕事を見つける 最強の自己分析』。

自分の本音を大事にする、自分の心の内側から湧き出る喜びの源泉を大事にしようという内容が書かれていて、ワークシートも充実しています。

ワークシートといっても自由度がかなり高いので、素の自分を思いっきり書き出すことができるんですよね。

自分で自分に質問を投げかけるスタイルになっていて、本当に自分の本音が見えてくるように感じます。

これまでの自己分析本は「2019年版」とか書かれていても内容が長年変わっていないものがほとんど。

今の時代に合った自己分析本として、この本はオススメです。

おすすめの本は随時追加していきます

おすすめの本は随時追加していきたいと思います。

試験対策としてではなく、実際の相談で役立ちそうなものを選んでいきますね。

今回紹介したおすすめ本一覧

▼筆記試験の過去問を分析した記事はこちらです。

キャリアコンサルタント試験の過去問で頻出度とポイントを解説!押さえておきたい人名と法律は?【2019年11月更新】

2018.07.05

▼実技試験(ロールプレイング)の対策記事はこちらです。

キャリアコンサルタント面接試験対策のポイントは1つだけ?ロールプレイで大切にしたいことをまとめました

2016.11.24

▼実技試験(口頭試問)の対策記事はこちらです。

【重要】キャリアコンサルタント試験 口頭試問の答え方まとめ(実技試験)

2016.12.02