キャリアコンサルタント養成講座を決めるにはどうすればいい?

キャリアコンサルタント養成講座テキスト

(今まではスクールの比較記事を書いていましたが、削除しました。)

キャリア支援の専門家であるキャリアコンサルタント。

国家資格キャリアコンサルタントの資格をとるには基本的に「キャリアコンサルタント養成講座」を受ける必要があります。

教育訓練給付制度(専門実践)を使える

キャリアコンサルタント養成講座は教育訓練給付制度(専門実践)の対象になっているケースがほとんどです。

雇用保険の被保険者である(あった)期間が一定以上の場合、最大70%OFFとなるので、自分は対象がどうか確認するといいでしょう。

スクールはどのように決めればいいのか

スクールはどのように決めればいいのかという点も気になるかもしれませんね。

基本的にはスクールの所在地、受講料、カリキュラムなどの内容から総合的に決めることになると思います。

また、スクールによっては推奨する試験団体を1つに限定していることもあるので、あらかじめ確認しておくのもいいですね。

試験団体はJCDA(日本キャリア開発協会) とキャリアコンサルティング協議会があり、特に論述の問題に大きなちがいがあるのでスクールを決める際、先に過去問を確認しておくのがおすすめです。

(ちなみに私がLECを受講していたときは、キャリアコンサルティング協議会の試験に対応したカリキュラムでしたが、私は日程的な都合でJCDA(日本キャリア開発協会) を受験しました。)

資料がまとめて欲しい場合は「BrushUP学び」を利用しよう

ここまでおすすめの講座を紹介してきましたが、どの講座であっても料金は結構するので、資料を確認してから申し込むのもいいですね。

いろいろな講座の資料を一括無料請求したい場合は「BrushUP学び」がとても便利です。

地域ごとに、LEC、ヒューマンアカデミー、日本マンパワー、リカレント、特定非営利活動法人 キャリアカウンセリング協会、公益財団法人 関西カウンセリングセンターなどの資料を簡単に請求できますよ。