エントリーシートの「行動力」のアピールには慎重になってほしいと感じる理由

行動力

行動力がある人は魅力的ですし、エネルギーを感じますよね。

エントリーシートで「あれもした、そのあとこれもした…」といった形で最初から最後まで行動力をアピールしているケースがあるんですが、そういうときはとても熱意を感じます。

もちろん素直にすごいなぁと思いますし、十分アピール材料にはなると思うんですが、一方でもう少し内面も内容に入れたほうがいいんじゃないかなと思うことがあるんですね。

「自分で納得のいくエントリーシートを書く」ことが大前提ですが、少し気になったので記事にしておきたいと思います。

行動を知ってもらうのではなく、自分を知ってもらう

エントリーシートでは自分自身のことを面接官(採用担当者)に伝えることが一番大切な目的です。

一番というか、それが全てかもしれませんね。

では、どうすれば自分のことを伝えられるか。それは行動と内面を両方とも記述することだと思います。

行動面だけ書いていると、読む側からしたら「ふーん、いろんな行動してきたんだな…」というふうに表面的な部分しか見えませんよね。

なぜそういう行動をとったのかといったビジョンや、行動するなかでの他者とのコミュニケーション、感情などを盛り込むことでもっと自分らしさがにじみ出るエントリーシートになると思います。

行動だけが自分ではないので、立体的に自分を記述するということを意識するといいですね。

行動面はアピールのチャンスが面接でもたくさんある

エントリーシートは書けるスペースが限られています。

その限られたスペースのなかで、行動面だけにフォーカスを当てて書きたくなる気持ちはわかるのですが、そこは我慢して内面もしっかり記述するようにしたほうがいいと思います。

行動面はエントリーシートでアピールしなくても、面接などで伝えやすいというのも1つの理由です。

面接官の質問は行動面に焦点を当てたものがまだまだ多いですし、面接で話が弾んでいくと、それこそどのような行動をとっていたのか詳しく説明できるようになるんですよね。

エントリシートでは内面も含めて書くことで、面接官の目に止まりやすくなります。

自分はどのようなビジョンで、思いで行動をしていたのか、そのなかで何を感じたのかなどを盛り込むと、1つのストーリーのようになり、面接官は「おっ」と思う可能性が高くなります。

面接官の印象に残るとそれだけ面接でも会話しやすくなるので、やはりエントリーシートに内面を盛り込むことは大切ですね。

行動だけの記述だと一本調子になりやすい

行動だけの記述だと、「あれをして、そのあとこれをして…」といった感じで一本調子になりやすいです。

箇条書きでも書けるんじゃない?というぐらい同じ調子が続くと、やはり人を感じられない文章ということになってしまいますよね。

行動力はあるけど、「とにかく行動行動!」と一方的な印象を感じることもあります。

「自分で突っ走ってしまう協調性のない人間」と評価されるとどうしても採用されづらくなるので、そこは注意するといいですね。

行動力のある人は尊敬できる

ここまで書いてきたのはあくまで就活や転職活動でのアピールの方法です。

行動力があるということ自体はとてもすごいことなので、書き方が大事だということですね。

就活とか転職活動とかそういった短いスパンではなく、長い人生を考えると行動力があるのはとても強みだと思いますし、そのような方は尊敬できます。

エントリーシートの書き方には気をつけないといけませんが、その長所に関してはこれからも大切にするといいのではと思います。